LIFE LOG

日々のくらし、NES、 ....いろいろなことをつづります

最近のことなど

  

 

なんだか人生ってのは

 いろんなことが芋づる式に

 全部つながっていて、

  ああ、このプロセスをずっと備忘録に書いとけばよかった、

 絶対あとで役に立つのに!!!

 とか思ったりするんだけど、

 言語化する気分は上がってこなくて、

 ひたすら芋づるをジェットコースターで

 進んでた気分の2017年です。

 

(え、もう今年のまとめ? 笑)

 

 

 

 

とりあえず、最近の備忘録を。

 

 

11月、私のNESでのエネルギーパターンテーマは、

 「消化できてない怒り、そして、過剰防御というパターン」

 

 

 

 

ようやく、もう一度、

 「怒り」に向き合うタイミングにきたみたい。

 

 

なかなか、無意識層が開けたくなかった場所で、

 そろそろ準備が整ったかな、という感じ。

 

 

 

特に1年くらい前から、

 ほんと、いろいろおもしろいくらい

 出来事も流れがつながってて、

 たくさんの人に手助けしてもらいながら、

 びっくりするくらい、

 いろんな発見もあって。

 

 

 

いろんな方向から観てみて、

 こりゃ、やっぱり怒りだわ、と。

 

 

ここにきて、

10年くらいじんわり付き合ってる

 慢性的な腰痛が、

 前より痛みを自己主張し始め。

 「そこ気づかれたくなかったのに!!」って

 言ってるように、痛みがひどい。

 

 

 

あまりに辛くて、布団も買い換えたし、

 筋骨格の先生にもみてもらって

 全体を整えたけど、

 腰の痛みはそのままだ。

 

(でも胸骨のロック解除してもらったおかげで、

 胸が広がって、呼吸がとっても楽になった!!)

 

 

 

おまけに、調整に通った帰り道、

 あわや事故に巻き込まれそうに。

 。。。抵抗にもほどがあるよ。

 

 

もう一個のパターン、

「世界は危険なんだ」を手放したくない!!

の意識に向き合わされる。

 

 せっかくゆるめたのに、

事故の恐怖で一回、全身の筋肉がぎゅっと硬直し直しちゃったから、

NESを使って、心(筋肉)に入れない緊急ケアを。

「世界は危険だから防御」のパターンをゆるめる。

 

 

 

 

ちなみに、先生から

 

「歩くときの目線は水平か、ちょっと上を見ることを意識してみて」

 

と言われて、やってみてるんだけど、

 目線を水平にあげることが、

 私にとって、めちゃくちゃに怖い!!!、ってことにも気づいた!!!

 

 

「目線を上げる=地面を見ないで歩」いてみたとたん、

 

 

「う◯こ踏んじゃうかも」

 

「滑って転ぶかも」

 

「銀杏踏んじゃうかも」

 

「あー、次のう◯こ踏んじゃうかも」

 

 

って不安がブワーって湧いてくるの。笑

 

これにはびっくり。

 

 

無意識に「危険」がないように、

いつも、歩く5m先を慎重にスキャンしながら

 歩いてたみたいで、

 目線を上げて歩くときも、

 一応、自分が歩く先は、

 無意識に一度サーっとチェックしてるのに、

 何もないってわかってるのに、

それでも、

 

 

「う◯こ踏んで滑って転んじゃうかも」

 

 

って不安になる自分 笑笑笑笑

 

どんだけう◯こ怖いんじゃ。笑

 

そこで友人からひとこと。

 

「う◯こ踏んでも死なないから大丈夫♪♪」

 

はっ、それだ!笑笑

 

 

 

よっぽど無意識に、

世界は「危険」っていうパターンで

生きてたんだなあ。

 

 

根っこには、

 

「とにかくこの世界は危険だから、

生き延びられるように守らなきゃ」

 

っていう思い。

 

でもこれ、愛情だよね。。。

一生懸命守ろうとしてる。

 

ただ、

ふわっとのびのびした生命の流れに使えるエネルギーを、

防御する意識を生き延びさせることに使っちゃってるから、

固くて常に緊張してガチガチの質感になっちゃってる。

そんで、常にものごとを進めないようにするストッパーにもなってる。 

 (だってガンガン進んだらどんな危険が待ってるかわかんない、っていう思いだから)

 

 

 

 

そんな中、

 先日ふと内側から浮上してきた

 

「私は顧みられない」

「察して引く、はほんとはしたくないんだ!」

 

っていう恨みのような激しい怒り。

 

 

 

それに気づくと、

 お腹の奥の方から、

 ぬわあああっって怒り的な塊がせり上がってくる。

 

ちょうどパスタを作ってる最中だったから、

 客観的な意識の方は、

 

「おーっと、、、今出てこられちゃうとせっかくのパスタが伸びちゃうんだけどな。。。あと1分で茹で上がるんだけどな。。。。

どうしよっかな、ちょっと一回抑え込もうかな。。。

(ぐわわわわ。。。)

。。。。んー、、無理だね。ちょっと待って、、、はい、どうぞ。

ビャアアアア、、、(以下略 笑)」

 

 

 出てきた塊をそのままに向き合いつつ、

 足りない残りは、

 スケッチブックにガーーーーーーッと手を動かして

 エネルギーを抜いたら、その日は気が済んだみたいで

 ひとつ軽くなった。

 

 

 

それで、

 私自身がそういう怒りを持ってると思ってたんだけど、

 

(実際、持ってもいるけど、)

 

 

 

ここにきて、

 いろんなもんに同化してたってことに気づいてきた。

 

 

 

 

 

そして、気になっていた本を読み始めた。

 

ああ〜、やっぱり痛みと心の関係、

うなずくところが多すぎて、

めっちゃ参考になる!

 

でもおもしろいことに、

途中から、

読み進めようとすると、

 

「あ、あれやっとかないとな」

「あ、そうだ、あれの日程どうだったかな」

 

とか、

 

やたらめたらと雑念がわいて、

めっちゃ邪魔をして、

スムーズに読み進められない。

 

、、、また抵抗しているねえ。

 

 

 

 

ところで、 

さっきふとカードを引いてみたら、

 

「第2チャクラ:

第2チャクラに取り込んでしまった、

他の人たちのエネルギーを取り除きましょう。

無意識に溜め込んできた、

我慢や怒り、不安、恐れのエネルギーを手放す」

 

 

今、これが出るか 笑

 

第2チャクラ、っていうテーマもドンピシャで。

 

おまけに腰痛もひどくなってるタイミングで。

 

 

11月末にお友達のモニターセッションを受けるんだけど、

 それがたまたま

 

「同化スキャニングセッション」!

 

 

 

感情も思考も、実は単に場に存在して、

 常に流れ続けてるエネルギーなのに、

 実は人間って、

 そのただ湧いてくる、流れている感情や思考を

 まるで自分だと思い込んで、

 その反応を自分だと思い込んで

 それをぎゅっと掴んで、

 アイデンティティにしちゃって同化している、

 それをさせている、奥にひそむ愛に気づいていく、

 

というもの。

 

裏テーマは、ファミリーカルマ。

 

 

超おもしろそうでめっちゃ楽しみ。

 

 

今浮上してる怒りのテーマは、

 きっと、生まれてこのかた、

 苦しくてしかたのなかった、10代、20代の時も、

 気づいてなかったけど、

 実は底の方できっとずーっと握りしめてつながってたんだろうな。

 

 

 

さて、

 今年も、まだいろいろ楽しみだ!!

 

 

 

 

 

 

食洗機買いました

 

食洗機を買いました〜〜

 

わかっちゃいたけど、
やっぱめっちゃラク、めっちゃラク!!

 

、、って、まあ、別に普通のことなんだろうけど、

 

旦那に7、8年前からずーっと

 

「食洗機買いなよ〜」


「食洗機買ってあげるよ〜」

 

ってことあるごとに言われながら、
なんだかんだ理由つけて断っておったのです、私。

 

 

いやー、今までいろんな理由つけました。笑

 

 

「見た目がやだ」

 

「素敵じゃない」

 

「ゴーゴーうるさい」

 

「キッチンが狭くなる」

 

「ふたり暮らしなのに大げさだよ」

 

「食器洗いに電気使いたくない」

 

「大して稼いでないし、このくらい自分で洗わないと」

 

「子供がいて大変なわけでもないんだし、このくらい自分で洗わないと」

 

「(私の)お母さんは病気で体がしんどい時もあるのに、フルタイムで仕事もしてたのに、家族4世代8人分の食器は手でバーっと洗ってた。健康でオキラクな私はこのくらい自分で洗わないと」

 

 

我ながら、お、重い。。。笑笑笑
(どこがオキラクなんだ。笑)

 

 

どこか根底には、

 

『私はラクをしてはいけない』

 

っていう抵抗、罰する感覚がずっとあったのですな、てへ。

 

 

ちなみに私、NESの経絡の画面で、


「顎の気の詰まり、こわばり」

 

がよく出るんだけど、

 

 

NESより引用↓)

 

「ER-41 (EI-11; あご/顎関節)
(あごと顎関節、心包経におけるエネルギー的なブロック)
あごに関係するボディーとマインドは感情を表現する能力を現しています。
あごの問題は人生は困難で喜びよりも忍耐が必要だという考え方を表現しています。
(以下略)」

 

 

これ、ほんと、そう。笑えるほどだ〜(^o^)


顎関節症もやってるし、寝てる時歯ぎしりもするしな。笑

 

 

食洗機に限らず、この刷り込み、
いろんなところにニョキッと顔を出してくるんですわ。

 

なにしろ食洗機買うのに7年かかったからな!
(エバるなw)

 

 

ということで!!!!!

 

 

「食洗機すっげーラク!!」

 

「ああー、食洗機すっげーラク!!!!」

 

 

(2回言いましたw)

 

 

、、、以上です m(_ _)m 笑

 

 

 

2017 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展@板橋区立美術館

 


久々にボローニャ国際絵本原画展を観に行きました。

 

またもや、最終日駆け込み。汗

 

 

f:id:yukolifelog:20170817233632j:image

 


前回行ったの2年前だと思ってたら、4年前だった!

 

驚愕、、、、。

 

時間のたつのが早すぎる、、、、。

 

 f:id:yukolifelog:20170817233651j:image

 

 

75人分原画!

 

いろんな絵を楽しく眺めて、子どもみたいに素直に楽しんじゃう!

 

コラージュ的な作風&デジタル処理、という作品が多かった気がしました。

 

時代だねえ。

 

自分がコラージュするのが好きなせいか、

 

手触りのある作品がやっぱり惹かれるな。

 

 

 

 

観終わって、カフェスペースでコーヒーを飲もうとテーブルについたら、

 

目の前の人に見覚えがある、、、??

 

ジロジロ見たあげく声をかけてみた。笑

 

 

ビンゴ!

 

15年前に働いていた会社の上司でした。

 

あまりの懐かしさと、

 

1年半でさっさと辞めた新人(汗)だったのに覚えててくれたうれしさで、

 

テンション上がってしまった!

 

 

 

あとで気づいたけど、

 

バッグの中に、当時、一緒のデザインチームで作ったハンカチが入っていた!!

 

ああ〜、見せればよかった、、、!!

 

 

 

 

マイクロファンド「セキュリテ」

 

3年前から「セキュリテ」というマイクロファンドシステムに参加しています。

 

自分がいいなと思う小規模事業者に直接出資するものです。


分配金だけでなく、それぞれその業者さんの商品やサービスなどが、投資家特典としていただけちゃったりもします。

 


◆セキュリテとは(サイトより)

「セキュリテは、1口数万円の少額からご出資いただけるインパクト投資プラットフォームです。
経済的なリターンを求めるだけではなく、それぞれの地域で抱える課題や貧困や環境などの社会的な課題に対して、皆様からの出資を通じて解決しようとする、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組みです。」

 

 

今年春には、地元の「長岡ナカムラコーヒーロースターsファンド」を購入しました。


こんなところ長岡にあるんだー、知らなかったよ!


与板にある自家焙煎のカフェらしい。

 

出資者には3000円分の店舗商品券(or webショップクーポン)つきなので、ぜひ帰省時に行ってみたい!

 

 

 

他にセキュリテでは、

 

 

木工の「石巻工房」、


オーガニックコットン・メイドインアースの「オースリー」、


山形の農家さん、

 

 

ほか、いくつかのファンドに参加中です。

 

 

お店の売り上げが悪かったら出資額を下回り元本割れになるし、売り上げが良かったら、出資額よりちょびっと分配金が多く返還される予定。


いくつかは、元本割れしそうだなー、、、というのもあるし、なかなか思惑通りにいかない面もあります。


ただ、投資家特典でいただいている分を現金換算で考えると、総体利回りで見ると悪くないファンドもある。


この辺は好みや考え方かなと思いますが、最初に見極めは必要ですね。

 

 


額の規模は小さくても、投資である以上事業計画を確認することは必要だけど、銀行に入ってるお金がどこかの大企業に出資されてるより、自分の好きなお店や気になる会社に直接貸し出すので、すごい肌感がある。

 


一つのファンドが償還(出資した分が戻ってくる)されるには3~5年かかるんだけど、オースリーとか購入から3年経ち、いいペースのパーセンテージで返金されてくるのを見ると、こういうお金の使い方おもしろいです。

 

 

 

NESセッション行脚を終えて、、、

 

新潟、東京と、3日間のNESセッション行脚も無事終了しました♥️

 

f:id:yukolifelog:20170808192150j:image

 

ご褒美のキンキンビールがうまかった!

珍しくジョッキをぐびっと一気にいったのであります!!

 

たくさんの人の、

 

「うわー!! (  Д ) ⊙ ⊙ !!」

 

に立ち会うのが楽しかった。

 


イベントに出始めた3年前は、

「この機械が何をしてるかのエビデンスはどこにあるんですか?」

とかの質問に出会うこともあったけど、

そういえば最近そういうの聞かれることなくなったなぁ。

 

 久しぶりに会う高校時代の友人たちと話してても、

医学協会のご案内してても、

 

「カラダもココロもスピリチュアリティも全部つながってて切り離せないもの、まるごとでいのちですよね」


「ですよねー👍」

 

と、すっ、とそこはもうフツーに前提に入ってる人がすっごく増えてる。

 


そもそも、こういう話を高校の友人たちとする時代になろうとは。

あの頃、10代の私は考えもしなかったよ。

 

 

 

ところで、

 

自分っていう存在の謎解きパズル

みたいなおもしろさがあるんだよね、

NESのスキャンって。

 

でもほんとは自分で全部わかってて、

答えはNES(や他の誰か)に聞かなくても自分の奥で知ってる。

 


身体に実際にドバッと症状が出てて、

臓器が出口を求めてそう動かざるを得なかった奥に、

大事にしまいこんでる本当の思いとか、

 

 

身体が固まっちゃってるから、

感情が閉じ込められて結果的に身動きできてないとか、

 


どうにも疲れやモヤモヤが抜けない根っこに、

自分自身を縛ってるビリーフがあって、

その感情が生命力の流れの蛇口を止めてて、

身体の細胞代謝が落ちてる、ってことが

腑に落ちた時の、目がぱああって開く感じとか、

 


その人がうすうす感じてた滞りが、

画面でダブルで念押しされて、

ああ、やっぱり自分の感覚を信頼して生きていいんだ、

と自信になっていくのをみると、ヨシ!とガッツポーズ。

 

 

人間生きてりゃ、

いろんなことが降りかかってくるように思えるし、

周りが生き生きとして見えて、

自分だけが取り残されているように感じたり、

次から次へといろんな苦しみ感覚が湧いてきたり。

 


人生を価値あるものにするための意味付けのフィルター、

自分が巻き込まれている感情ドラマフィルター、

それで覆い隠して見ないようにしてるもの、

この世界を生き延びるために、

生きていていいよ、

ここにいていいよ、

と認めてもらうために、

必死に作り上げたメガネフィルター、

 

 


で、結局だいじなのは、

 

全部とっぱらったら、

 

今起こってることってほんとはなんだと思う??、

 

ねえねえねえ結局奥で何をほんとは感じ続けてんの??

 

 

っていうことだと思う。

 

 

ここの追求は趣味だし(笑)

 

私も蓋は山ほどあるから

こんなモンが眠っていた!!と、

今も日々びっくりしたり、

さっきも、お昼ごはん食べてたら、

コアビリーフがひとつ、

急にハッと謎解きが起きて、

思わず涙流しながらごはん食べてたり、

そんな、謎解き冒険の日々です。

 

まぁ、趣味でそこを見たいがために生きてたから、

結果的にこんな仕事をするハメになった、

というのが正しいです(笑)

 

 


ひとはいろんなことに

いろんな角度でフォーカスしながら生きていて、

そのフォーカスバランスの中で、

そのステージで調和を必死に取ろうとした結果、

結局はおっきな摂理の中で、

いのちはただただ、

その時のありのままのバランスで動いてるんだなぁぁ!って!

 

だから、病気でさえも、

実は完璧に調和の結果なんだなぁ、と感じる、

今日このごろです。

 

 

長岡でNESセッション 気づいたこと


地元長岡での、初めてのNESセッション体験イベント、

満員御礼にて、無事終了しました。

 

来てくださった皆さま、

企画してくれた友人ゆうちゃん、

スペースを提供してくれた、私の保育士さんだった先生、

本当にありがとうございました。

 


NESは、

その人まるごとの生命力
(身体、感情、気の流れ、身の回りの環境、深いトラウマetc)

のどこに滞りがあるかを観るものです。

 

その滞りの強度が強かったら、

循環したいのに行き場のなくなったエネルギーは、

自然の摂理としてバランスを保つために、

いろんな出口を使って出さざるを得ないだけで、

その出口の種類に、現代社会では病名がついていたり、

ということなんだろうな、、、と思います。

 

 


セッションテーマは十人十色別々だけど、

それぞれが必要なタイミングとして、来てくれました。

 


普段、イベントメニューでは調整はしていなかったけど、

今回はプライベートスペースだし

エネルギーも入りやすいかなと思い、

本セッションでやっている経絡などのエネルギー調整を、

イベントメニューとしては初めて、少しプラスしてみました。

 


今回感じたのは、

変容というのは、必ずしも回数でも時間の長さでもないな、

変容に対して私自身の固定観念があったなあ〜ということ。

 

もちろん、深いところの変化には、

ある程度の回数と気づきが必要なケースが確かに多いけど、

魂レベル、というか、

奥の方での準備とタイミングの目盛りがカチッ、とあった時の、

エネルギーの共鳴の変化具合はすごい、

ということを、

私がクライアントさんに教えてもらいました。

 

 

場と流れと相手を信頼して、

そこに私も生命力を開放して、

ありのままで存在して、

調和して、

委ねて徹してたらいい。


そしたら、

その時必要な流れにきちんと乗る。

 


相手がなんとか気づけるようにうまく説明しなきゃ、とか、

たくさんの収穫を持ち帰って喜んでもらおう、とか、

あるラインからは、

それは私自身のエゴであり。

 

相手とのセッションの中に、

セラピストとしての、私自身の存在価値意義を見つけようとしてる。

私のためにセッションしてることにすり替わっちゃう。

ついやっちゃうけど。

 

だから、ほんっとつくづく

変化は、場と本人に任せて委ねていたらいいんだなあ。

その上で私は、

ありのままで、全生命力をもって、

場として真剣に在って、

向き合っていたらいい。

 

 

そんなことを改めて気づかされつつ、

変容の神聖な瞬間に立ち合わせてもらいました。

 

 

 


身体の細胞が、奥のハートが、

ほんとうに欲している声をすくい取れること。

 

今まで自分自身を守り、生き抜いていくために、

知らず知らず身につけていた、

カラダやココロを縛っている習慣に気づいていくこと。

 

どうしてそうやって守る必要があったのか、

自分の奥に閉じ込めていたほんとうの感情に気づくこと。

 

そして、

 

今まで守ってくれていたその鎧から、

そうっと手を離して、本来の流れに戻っていくこと。

 


1人30分という短い時間だったけれど、

直後はよくわからなくても、

それぞれの中に何かがふとした引っかかりとして、

タネとなっていたらうれしいな。


いのちのまんまに任せていく、ささやかなきっかけになっていたらうれしいな。

 

会いたい人にたくさん会えたし、守られた、いい時間となりました。

 

 

さて、明日から二日間、週末は癒しフェア@ビッグサイト です。

私も、日本ホリスティック医学協会のブースで、そんなホリスティック医学についてのご案内をしております。

NESも傍に持っていきますので、体験NESスキャンもできますよー。(調整は無しですが)


15分1,500円(ワンポイント)

30分3,000円(自分の気になるテーマ伺います)

にて。

 

ぜひいらしてくださいね!

 

f:id:yukolifelog:20170808192309j:image

f:id:yukolifelog:20170808192325j:image

 f:id:yukolifelog:20170808192413j:image

 

8/4(金)新潟でNESセッションイベントやります(^^)

 

 

ORGANIC LIFE TOKYOでNESを体験してくれた高校時代のお友達が、8/4に地元・長岡でセッションイベントを開催してくれることになりました。

 

NESが指し示すモノに直感で共鳴してくれて、彼女のパワフルさと行動力にあれよあれよ、と。


ほんとうにどうもありがとう!!

 

そして会場を貸してくださったのは、これまた地元のご縁がつながって、私の保育園の年少〜年長のころ保育士さんだった方。

 

今はもう退職されて、マクロビやホメオパシーなど、レッスンに使ってもらうスペースを作ったんだそう。

 

30年以上前の私のこと覚えていてくださって、これまた涙。。。

 


年をとるって楽しいです。

 

 

今日告知オープンなのだけど、残りあと2枠です。

重ね重ねみなさん
どうもどうもありがとうございます!!

 

イベント詳細はこちらから

  ↓  ↓

www.facebook.com

 

ところで、

NESのこと、最近はあまりブログで書いていなかったのだけど、

NESって何ぞや??ですよね。

 

人間って、実は目に見えている部分2:見えない部分8(いや、もっとか??)なんですね。

 

その8割の見えない部分が、実は自分のコントロールタワー、=フィールドとして存在しているものです。

 


そのエネルギーフィールドの情報をスキャンしてみていくのがNESです。

 

誰もが、その8割のフィールドから来る司令、エネルギーの流れのとおりに生きています。

 

そして、誰もが本来のすこやかなエネルギーの流れを持っていますし、何か毒素的なものを取り込んだとしても、しなやかに代謝し、みずみずしく力強く生きていけるありのままの生命力を持っています。

 

 

ただ、生きていく中では、いろんなことが原因でエネルギーの流れが滞ったりします。

 

例えば、生活習慣、電磁波、化学物質との共鳴、栄養的なこと、etc

 

 

そして、現代人で一番多いのが感情ストレスです。

 

知らず知らずのうちに、自分自身を抑圧し、
ほんとうの感情に蓋をし、否定することで、慢性的なエネルギーの歪み、凝縮となっていることが多いです。

 

 

その行き場を失ったエネルギーは、最終的には行き場を求めて身体に症状として出てきたりも。

 

 

じゃあ、いきなり自分の抑圧した感情や根っこの何かに向き合ったらいいのか? というと、
人それぞれ適した順番があります。

 

 

いきなり根っこに飛び込んで行くより、そことつながってる別のところを先に整えた方が、すっ、、、っと楽〜に勝手に奥のブロックがほどけたりします。

 

 

なので、
奥の根っこ、そこを頂上として、スムーズに無理なく開放していけるよう、まず一合目からエネルギールートの土台を整えていくんですね。


これが、実は急がば回れの最短ルート。

 

 

アーシングだったり、経絡の流れ、各臓器のバランスをとるエネルギー場、浅い部分の感情、、、、いろいろあります。

 

玉ねぎの皮を一枚一枚むくように、少しずつ深い層にアプローチをしていきます。

 

 


スキャンでは、今この時何が必要か?が出てきます。

 

(これも、NESがアドバイスしているのではなくて、本人の情報層に書いてあることを画面に写してるだけ。= 本当は自分が全て知っている、いや、自分というより、場の中に全てあるんです。もはや自分という境目のない場。。。このことはまた別の機会に。。。)

 


そして、だんだん本来の自分のエネルギーが通り始めてきた時、
自分のものごとの解釈パターンに気づいたり、今まで縛っていた価値観に気づいたり、自分自身でゆるみ始め、気づきが加速していきます。

 

そうすると、今までと視点が変わっています。

同じものを見ても、自分の中に生まれる反応がもう違っているので、行動が自然と変わっていたり、性格がなんだか変わっていたり。

 今までなじんでいたことが、本当は違ったんだ、と気づいたり。

身体がラクになっていたり。

大事だと思っていたことをもう手放したくなったり。

 

生命力が本来流れたがっていた鋳型に沿って、いきいきと動き始めていきます。

 


NESはそのお手伝い役です。

 


NESに自分を変えてもらうのではなく、本当は知っていた「本来の流れ方」を自分で思い出していけるためのサポートツールです。

 

病気であろうとなかろうと、自己治癒のしくみは一緒。


どんな人でも、自分の心とからだを本来の流れに委ねて、すこやかに生きていける。

 


そのお手伝いができたらとってもうれしいです。

 


今回イベントでは、
今のご自身のテーマから、自分のエネルギー場が言っている、今必要な気づきをお持ち帰りいただけたらなーと思います!

 

 

 

長くなっちゃった。。。笑


お読みいただきどうもありがとう!

 

 

波上シャバアーサナ

 

 

このところ、電磁波が溜まりまくって、

体調がアンバランスで、いろんなメンテナンス取り組んでも追いつかなくって、

 

ふと、思いついたこと。

 


「そうだ、海に行こう!✨🌈」

 

 

というわけで昨日、思い立って泳いできた〜。

 

 

今年初海(^o^)

 

 

 f:id:yukolifelog:20170718162811j:image

 

スマホも1日電源切って、デジタルデトックス

 

 

仰向けに波に流されながら、昆布みたいにぷわ〜んぷわわ〜〜んって浮かんでみる。

 


どこか力が入っていると、波に委ねられなくて、バシャーッと水をかぶります。

 

 

固まっているところを察知して、力を抜いて、水にまかせる、、、、

 


顎かな、、、、首かな、、、、

 


あ、腰もだな、、、、、

 


気づいたら、力を抜き、気持ちもゆるめる。

 

 


、、、水にまかせる。

 

 

 

足のつかないところまで流されてたりすると、

 

少し恐怖心も出る。

 


その自分に気づく。

 

 

怖いね〜。

 


そしてまた、固まっているところを察知して、力を抜いて、水にまかせる、、、、

 


のくりかえし、で、少しずつ波に委ねるのになれていく。

 

 


身体の自然にまかせていく。

 

 


どんどんどんどん、

昆布のようにたゆたっていく。

 

 

 


波上シャバアーサナ

 

 

 

ゆら〜〜、、ん、、、ゆら〜、、、、ん、、、、、

 

 

 


ほんとうにスッキリ。

 

 

海は偉大なり。

 

 

 

 

いや〜〜夏だね〜〜。

 


また行こうっと!

 

 

f:id:yukolifelog:20170718162848j:image

夢→お絵描き

 

 

印象的な夢を見た。

 

内容はどうってことのない、日常のひとコマ的なものだったのだけど、

 

ふと、何か言いたがってるな、と感じて、

 

ちょっと掘ってみた。

 

 

 

<おじさんに立ち向かう夢>

 

失礼なひとだ、と敵レッテルを貼り、立ち向かっていった。

 

「傲慢、横暴、好き勝手言ってる」←私自身の切り離した投影。自分の一部:いらだち

    ↓

「私がこういう人をこらしめる」:怒り

「罰を与えないと」:怒り

「許せない」:怒り

    ↓

「好き勝手言えること」:恨み、羨望

    ↓

「好き勝手は言ってはいけない」:縛った(思い込み、抑え込み)

生きのびるために作った設定

    ↓

奥:実は怒り

    ↓ 

だってそうしないと無力(思い込み、抑え込み)

    ↓ 

 

ここまで来て、久々にぶおーっとお絵描きモードがやって来た。

 

 

その味、はようしないと消えてしまう!!

 

ということで、わたわた急いで画材広げて、

 

内側の味のままに描いてみる。

 

 

 

 f:id:yukolifelog:20170705184421j:image

 

 

 私の場合、絵を使って内側を味わうことで、 

 

凝り固まっていたものが、ふっ、って抜けることもあります。

 

その時々だけどね。

 

 

 

お絵描きサイトはこちらです。

 

 

沖縄の気功ボディワーク

 

 

最近、お友達の紹介から、気功ボディーワークに参加しています。

 

先生が沖縄から月イチで東京にきてくれているんだけど、なんとも場がカラッと明るくてみんなおもしろいのと、かなり激しい(笑)ダイナミックなアプローチがなんだか好奇心をくすぐるのだ〜。

 

teateが「静」から気づいていくとしたら、

こっちは「動」から気づいていくみたいな。

 

でもやってることは同じ、みたいな。

 

 

ワークでは、思考を脇に置いて、素直な身体に明け渡して委ねるのを体感する時間が続きます。

 


その体験をしながら、

出てくる出てくる、おもしろいくらい自我が思考を掴んでくる。


「わたし、絶対飛ばない自信がある 汗」
「その感覚を掴んでやろう」
「不安不安不安」
「うお、あの人なんなんだ、すげっ」
「恥ずかしい!」
「自分を脇に置くって?????」
「ちょっと飛んだふりをしちゃおうかな」
「あれ?今できてるのかも?」
「あの人もわたしと同じかも、ほっ、良かった」
「え、わたしだけ何も訳がわかってないの?もしかして!」
「やばー、焦る焦る」
「ああ、やっぱりわかんない」
「ええ〜?!どういうこと?!」

 

以下、続く。笑


思考が、ジャッジする自我の自分のひっぱりが強すぎて、脇に置くのがなかなか難しい。

 

ふと出てきたのは、


「自分を脇に置く」ことの自我の恐怖。

そこに何かが入り込んでくる恐怖。

そもそも「入り込まれる」という色合いでなぜか感じること。


自分がいなくなる恐怖。

  

 

そして、奥が固まる。

胃のあたりの締め付け感。

 

すごいな、この鎧。

 

なんかコアビリーフいそうだな。

 

 

、、、。

 

 


一瞬だけ、どうにでもなれ、、という感じの、ふ、、、という時だけ、ビョオ!と身体ごと吹っ飛ばされ、、、たような?

 

 

全然、謎なんだけど、みんなで爆笑しながらダイナミックで気持ちいいのは確かなので、また来月行ってみます。笑