LIFE LOG

日々のくらし、NES、 ....いろいろなことをつづります

風邪の効用

11月は風邪もひいていた。

 

11/4につかまえちゃった。

 

日付を覚えているのは、

その日カフェで目の前で咳き込んでいる人がいて、

「ああ、目の前で、、、、」と、ちょっとなよなよっと気持ちが反応したら

スルッと風邪に共鳴してしまったのか、喉が痛くなってしまった実感が。。。。

 

 

今回は、喉・鼻 風邪でした。

 

でも風邪を引いたときは、この名著を読み返すいいタイミング!と。

 

野口晴哉著『風邪の効用』

 

 

 

 

 

「風邪は治すべきものではなく、経過するもの。偏りの起きた心身の弾力性を回復させようとする、身体の内なる働きが風邪。その身体にとって必要な自然な経過をたどらせれば、さっぱりとした弾力性を取り戻す。」

 

 

風邪の役割を記したことばがしみじみ、ああ、そうだよね、と染み入る。

 

まさにこの本が風邪薬です。

 

 

喉鼻の自分の症状に当てはまりそうなところを見てみると、

 

まさに「前屈体癖の人の風邪」。

 

 

「身体が前屈してしまう元は腰椎一番といって、(中略)この腰椎一番の動きが悪い、ここが弱い体の構造のために前屈してしまう。そういう癖がある人は胸椎五番がいつも鈍くなり、鼻から風邪を引いてくる。……」

 

 

思い当たることがアリアリです。

 

 

 

ところで、風邪のさなかNESのスキャンもしてみました。

 

今修正するポイントだよ、と赤で出たところは

yuko-bando-2016-11-09-02-BFA.png

 

 

・BFA

→エネルギーのドア閉じてる。

 今回の場合、原因は電磁波

 

・PL

→流れが乱されている。

 今回の場合、原因は電磁波

 

・夜のサイクル

→きちんと睡眠サイクル整えるのがオススメ。

 うまくエネルギーが充電できていない。

 

・(別ページで)ブルーライト

→画面見過ぎ。自律神経の変調

 

 

笑えるくらい、土台となるカテゴリーが真っ赤っかでっす。

 

これももう、思い当たることがアリアリで。。。。。 笑

 

 

風邪をひく前の時期、

ちょっとPCやスマホを夜中までずっと長時間いじりすぎてました。

 

それはもちろん前屈姿勢。

 

 

ちゃんと(?)エネルギー場の免疫にも反映されてました。

 

こりゃあ、今回のタイプの風邪に自分からすり寄っていったようなもんだ。

 

 

 

この出方は自分でも恥ずかしいくらい思い当たるので、

エネルギー調整レメディは飲みません。

 

エネルギー整えるうんぬんより、

表示されてる睡眠サイクル、電磁波、ブルーライトな生活習慣を見直す方がだいじ〜!

 

、、、、ということで、

必要な時以外は、PC、スマホを使わず、

ぐだぐだしていた生活リズムをビシッと整え、

安静にして休む!

 

 

、、、、こうやって書くと、基本のことだなぁ。笑

 

 

 

おかげさまで今はもうピンピンとこざっぱり復活しています。

 

 

ふだんの生活のひとつひとつのリズム、やっぱり大事だね。