LIFE LOG

日々のくらし、NES、 ....いろいろなことをつづります

ぐるぐる思考

 

一通のメールが来て、

 

あることについての質問がひとつ、書いてある。

 

 

感情が今までのフィルターパターンで反応してしまい、

 

防御思考がぐるぐると止まらなくなった。

 

 

考えていたら、しまいに嫌な感情がつのって、頭痛までしてきた。

 

あれこれぐつぐつ考え事が止まらなくて、

 

眠りたいのに、考えが巡って寝られない。

 

 

起きていること、ありのままの現実は、

 

今目の前にあることだけ。

 

ある一通のメールが来て、

 

あることについての質問がひとつ、書いてあるだけ。

 

 

 

思考はそこから妄想に入り、

 

「過去こういうことをしてきた人だったからこうなるんじゃないか」

 

「ああ、嫌だ、なんで私がこんなことをしないといけないんだ」

 

「本当に困った人だ」

 

「こう出られたら困る、どうしよう、面倒なことになりそうだ」

 

などなど、

 

頭の中のぐるぐるおしゃべりが始まった。

 

 

 

もう一人冷静な自分が、

 

「あ、過去の恐怖と未来への不安からくる思考回路が止まらない」

 

と、片隅で思ってはいるのだけれど、

 

しばらく、恐怖と不安に支配された。

 

 

 

しばらく、暴れている感情を見ていたら、

 

ちょっと落ち着いてきたようだった。

 

オーケー。

 

 

 

今、現実に起きていることは、部屋でパソコンを見ている。

 

お気に入りのマグカップでおいしいコーヒーを飲んでいる。

 

返答が必要なメールが1通ある。

 

 

 

恐怖と不安は、目の前の現実にはなく、

 

自分の頭の中の妄想、

 

慣れ親しんだ思い込みパターンでの反応でしかなくて。

 

 

 

じゃ、現実に集中してみようかな。

 

 

質問への返答をあっさり書く。

 

関係する人へ、念のための場合の確認をひとつしておく。

 

以上、終わり。

 

 

コーヒーがおいしいね。

 

 

現実はシンプルですな。。。

 

 

 

 

呼吸に集中し、「今」に集中する。

 

 

 

 

そのメールのあとどうなるかは、

 

起きてきたらその時対処すればいいだけ。

 

目の前のありのままの今には、「メールが来た」の現実しかない。

 

その事実に、自分の脳内であれこれあれこれ物語を作って、

 

自作自演して脳内上映しているだけだもんね。

 

 

あーじゃないか、こうじゃないかのぐるぐる思考は、

 

現実ではない妄想。

 

ぎゅーーーっと凝縮して、密度が重くなったエネルギー。

 

そういった密度の重い感情エネルギーを、

 

私たちは常に持ち運んでいるんだな。

 

その感情エネルギーを手放さずに後生大事に何年も、

 

人生をかけて運び続けている。

 

自分の生命エネルギーは、その思い、感情を

 

持ち続けることにずーっと費やされている。

 

本当は、その分のエネルギーは今の体、

 

そして、現実の状況としての「今、この瞬間」を回すために

 

訪れているもの。

 

 

 

やっぱそれって流れたいところに流れさせてあげないと、

 

めっちゃもったいないわなぁ。

 

 

 

もう一度呼吸に意識を向けて、

 

「今」に意識を向けてみる。

 

 

収縮したエネルギーをふわっ、っとひろげてゆく。

 

 

 

首や肩のコリを感じる。

 

上がっていた肩を発見する。

 

力が入っている肩を発見する。

 

顔の収縮を発見する。

 

ゆるめる。

 

もう一度呼吸をする。

 

「今」を再確認する。

 

 

 

 

地道に「今」に戻る作業を意識的にやる。

 

だんだん心がすとん、と落ち着きを取り戻す。

 

 

 

 

そうやって意識の視界がクリアになると、

 

その意識波長、周波数に合うようになのか、

 

物事が動いていく。

 

自分も動けるようになる。

 

今まで巻き込まれていたことに、

 

巻き込まれない自分がいることに気づく。

 

 

 

人の意識は、本当にパワフルなエネルギーだなぁ。