LIFE LOG

日々のくらし、NES、 ....いろいろなことをつづります

早寝早起きを甘くみていた

 


お世話になっている中医学の先生から、
「早寝早起きしてくださいよ〜。10時に寝て5時に起きて!!」と言われたのが半年前。

 

中学生くらいからずーっと早寝早起きが苦手だった。
学生や会社員の時は死ぬ思いで朦朧としながら起きて、
フリーランスになってからは、ここぞとばかり、好きな時間に起きる生活だった。
半年前までは、1〜2時に寝て、起床時間は大体8〜9時くらいだった。

 

それが、いきなり5時起きでしょー。笑
死ぬかと思った。笑

 


いや、実は4年前にもアーユルヴェーダのHikaru先生に、
「10時に寝て朝5時に起きなよー」と言われておりました。。。。。

体質的に胃腸が弱くなりやすいので、
22時〜2時はちゃんと寝ること、ちゃんと消化器を休めてエネルギーを燃やすために、その方が合っているよ、と。

 

でも、あまりのハードルの高さに、当時は3日でアウト。
絵に描いたような三日坊主でした。(一応3日は続いたことを褒めてあげよう。笑)

今まで気持ちよく早起きをした経験が当時なかったので、
体質に合っているよ、と言われても、当時ピンときていなかったのです。
(Hikaru先生ごめんなさい。。。)

 

 

そこから4年経ち、2018年。
同じことを中医学の先生にも言われまして。
密度の濃い身体レベルが全てのベースなんだし、しっかり整えないとアカンなー、と、さすがに重い腰が本気で上がりました。

 

22時寝5時起きと共に、食事のアドバイスももらい、
食事は、朝普通にしっかり食べ、昼はがっちり(普通の人の晩ごはんの量)、夜は食べないもしくは納豆1P程度。

 

この食事の変更がてきめんでした。

夜の時間に胃腸がしっかり休めるので、朝バチーーーーっと目が覚めるのです!!!
今まで朦朧と起きれなかったのは何だったんだ?
まるで自分じゃないみたいな感覚です。

 

午前中は今まで基本的にエンジンがぷすぷす言っていましたが、
朝からビシバシモノゴトに取りかかれることの素晴らしさよ!!!
(普通ですかね。。。。汗)

朝起きれると、夜自然に眠くなるという、この普通な感じをまさか味わえる日が来るとは!!!!!!

 


22時〜2時は内臓のお休み時間。特に肝をお休みさせる時間。
夜しっかり食べていたり、遅くに食べていると、
寝ている間に内臓が休めない。
夜中もせっせと分解して代謝して働いて、ようやく休めると思ったらもう朝がきて、
そりゃあ、朝、疲れが残っているわけだ。。。
特に胃腸が弱めな人は、そんなんじゃ朝ごはんを食べる気にならないのも当たり前だし、逆にその状態で朝ごはんを食べるのも、内臓に酷というもの。バッドスパイラル。。。


今いろんな健康のスタイルがあって、朝の時間は胃腸のおやすみの時間というスタイルもあるね。
それが合う人もいると思うので、自分にあった胃腸のペースをつかめば良いとおもう。
私は夜ごく軽い方が合うみたい。
身体が「コレクト〜〜〜!!コレクト〜〜〜!!!」と細胞が喜んでいる感じがなんとなくわかる。

 

中医学の先生は「35才すぎたら、一日二食くらいがちょうどいいよ」とおっしゃっていて、確かになあ、と体験してみて思います。

 


そして。

 

早寝早起きと食事と漢方を実践して1ヶ月後にNESで測定したら、
もうびっくりするくらい、整っていました。
あんなに整っているスキャン結果、今までどの人からも見たことない!!!笑
明らかにわかりやすすぎるくらいエネルギーが整っていました。

肉体に近い密度の濃い領域(内臓エネルギー系、経絡系ほか)は、軒並みビシーーーーっと整って、エネルギーの通り道がしっかりできていました。


体感ではすでに実感していたことを、NESでも実証した感じ。


で、エネルギーの通り道がしっかりできた結果、一ヶ所、ピカーーーーーっと「今回ココやれるよ!」のシグナルがついていたのが、潜在意識コアビリーフ。
NESで言うところのリバレーター領域。
一番深い部分です。
「そこに取り組める準備ができたよ」とエネルギーが教えてきました。

 

土台が整わないと、その奥に控える潜在意識のもの=深い押し込めた感情や思いのレベルに取りかかるのは大変しんどいです。取り掛からない方がマシ。
取り掛かってもいいけど、潜在意識方面に取り掛かる時はぐったりするほどエネルギーを使うので、身体含めて土台のエネルギーが満ちていればいるほど、ラクに解放に取り組めるのです。
身体のエネルギーが通れば、奥のものに向き合いやすくなる。

だから何かモヤモヤしていたり、胸の中に重さがある時は、まず身体をしっかり整えるのがおすすめなのだなあ。


逆に言うと、土台が整ってない時は、安全装置として無意識に奥に行かないようにする(これは身体と生命の持っている叡智だと思います)ので、トラウマを解放したくてたまらないのに、全然進んでいる気がしないとか。

ずーっと同じところを気持ちがぐるぐる回ったり。(その時のエネルギーレベルにはむしろその状態が安全。)


そういう時、ふと、

 

身体いたわってるかな?
規則正しく生活してるかな?
ちゃんと細胞が求めてる分の栄養、届けてるかな?
早寝早起きしてるかな?
呼吸してるかな?

 

と当たり前のことを振り返って、そっちを優先するのがいいかもしれません。

その方が、急がば回れ、で次のステージへスムーズに流れていくような気がします。

 

というわけで、まるで別人のように朝も苦ではなくなり、半年経った今も継続中。

秋になって夜も長くなり、なんとなく23時寝6時起きの日が多くなってきてるけど、定着しているし、心身がラクなので、このまま続けようと思います。

 


やっぱり、身体整えることの即効性、、、すごい、、、、。


といまさらながらに実感です。