LIFE LOG

日々のくらし、NES、 ....いろいろなことをつづります

NESセッション行脚を終えて、、、

 

新潟、東京と、3日間のNESセッション行脚も無事終了しました♥️

 

f:id:yukolifelog:20170808192150j:image

 

ご褒美のキンキンビールがうまかった!

珍しくジョッキをぐびっと一気にいったのであります!!

 

たくさんの人の、

 

「うわー!! (  Д ) ⊙ ⊙ !!」

 

に立ち会うのが楽しかった。

 


イベントに出始めた3年前は、

「この機械が何をしてるかのエビデンスはどこにあるんですか?」

とかの質問に出会うこともあったけど、

そういえば最近そういうの聞かれることなくなったなぁ。

 

 久しぶりに会う高校時代の友人たちと話してても、

医学協会のご案内してても、

 

「カラダもココロもスピリチュアリティも全部つながってて切り離せないもの、まるごとでいのちですよね」


「ですよねー👍」

 

と、すっ、とそこはもうフツーに前提に入ってる人がすっごく増えてる。

 


そもそも、こういう話を高校の友人たちとする時代になろうとは。

あの頃、10代の私は考えもしなかったよ。

 

 

 

ところで、

 

自分っていう存在の謎解きパズル

みたいなおもしろさがあるんだよね、

NESのスキャンって。

 

でもほんとは自分で全部わかってて、

答えはNES(や他の誰か)に聞かなくても自分の奥で知ってる。

 


身体に実際にドバッと症状が出てて、

臓器が出口を求めてそう動かざるを得なかった奥に、

大事にしまいこんでる本当の思いとか、

 

 

身体が固まっちゃってるから、

感情が閉じ込められて結果的に身動きできてないとか、

 


どうにも疲れやモヤモヤが抜けない根っこに、

自分自身を縛ってるビリーフがあって、

その感情が生命力の流れの蛇口を止めてて、

身体の細胞代謝が落ちてる、ってことが

腑に落ちた時の、目がぱああって開く感じとか、

 


その人がうすうす感じてた滞りが、

画面でダブルで念押しされて、

ああ、やっぱり自分の感覚を信頼して生きていいんだ、

と自信になっていくのをみると、ヨシ!とガッツポーズ。

 

 

人間生きてりゃ、

いろんなことが降りかかってくるように思えるし、

周りが生き生きとして見えて、

自分だけが取り残されているように感じたり、

次から次へといろんな苦しみ感覚が湧いてきたり。

 


人生を価値あるものにするための意味付けのフィルター、

自分が巻き込まれている感情ドラマフィルター、

それで覆い隠して見ないようにしてるもの、

この世界を生き延びるために、

生きていていいよ、

ここにいていいよ、

と認めてもらうために、

必死に作り上げたメガネフィルター、

 

 


で、結局だいじなのは、

 

全部とっぱらったら、

 

今起こってることってほんとはなんだと思う??、

 

ねえねえねえ結局奥で何をほんとは感じ続けてんの??

 

 

っていうことだと思う。

 

 

ここの追求は趣味だし(笑)

 

私も蓋は山ほどあるから

こんなモンが眠っていた!!と、

今も日々びっくりしたり、

さっきも、お昼ごはん食べてたら、

コアビリーフがひとつ、

急にハッと謎解きが起きて、

思わず涙流しながらごはん食べてたり、

そんな、謎解き冒険の日々です。

 

まぁ、趣味でそこを見たいがために生きてたから、

結果的にこんな仕事をするハメになった、

というのが正しいです(笑)

 

 


ひとはいろんなことに

いろんな角度でフォーカスしながら生きていて、

そのフォーカスバランスの中で、

そのステージで調和を必死に取ろうとした結果、

結局はおっきな摂理の中で、

いのちはただただ、

その時のありのままのバランスで動いてるんだなぁぁ!って!

 

だから、病気でさえも、

実は完璧に調和の結果なんだなぁ、と感じる、

今日このごろです。