LIFE LOG

日々のくらし、NES、 ....いろいろなことをつづります

沖縄の気功ボディワーク

 

 

最近、お友達の紹介から、気功ボディーワークに参加しています。

 

先生が沖縄から月イチで東京にきてくれているんだけど、なんとも場がカラッと明るくてみんなおもしろいのと、かなり激しい(笑)ダイナミックなアプローチがなんだか好奇心をくすぐるのだ〜。

 

teateが「静」から気づいていくとしたら、

こっちは「動」から気づいていくみたいな。

 

でもやってることは同じ、みたいな。

 

 

ワークでは、思考を脇に置いて、素直な身体に明け渡して委ねるのを体感する時間が続きます。

 


その体験をしながら、

出てくる出てくる、おもしろいくらい自我が思考を掴んでくる。


「わたし、絶対飛ばない自信がある 汗」
「その感覚を掴んでやろう」
「不安不安不安」
「うお、あの人なんなんだ、すげっ」
「恥ずかしい!」
「自分を脇に置くって?????」
「ちょっと飛んだふりをしちゃおうかな」
「あれ?今できてるのかも?」
「あの人もわたしと同じかも、ほっ、良かった」
「え、わたしだけ何も訳がわかってないの?もしかして!」
「やばー、焦る焦る」
「ああ、やっぱりわかんない」
「ええ〜?!どういうこと?!」

 

以下、続く。笑


思考が、ジャッジする自我の自分のひっぱりが強すぎて、脇に置くのがなかなか難しい。

 

ふと出てきたのは、


「自分を脇に置く」ことの自我の恐怖。

そこに何かが入り込んでくる恐怖。

そもそも「入り込まれる」という色合いでなぜか感じること。


自分がいなくなる恐怖。

  

 

そして、奥が固まる。

胃のあたりの締め付け感。

 

すごいな、この鎧。

 

なんかコアビリーフいそうだな。

 

 

、、、。

 

 


一瞬だけ、どうにでもなれ、、という感じの、ふ、、、という時だけ、ビョオ!と身体ごと吹っ飛ばされ、、、たような?

 

 

全然、謎なんだけど、みんなで爆笑しながらダイナミックで気持ちいいのは確かなので、また来月行ってみます。笑