LIFE LOG

日々のくらし、NES、 ....いろいろなことをつづります

ゆるむ。。。。極楽なり


たくさんの人と話をした一日の〆に、

 

大好きな友人からteateセラピーで身体にさわってもらう。

 

お互い交換セッションでありがたし。

 

 

 

teate、ほんと好きー。

 

触れられて、すんわ〜、、、、、、って身体がゆるんでいって、

 

そのゆるみの波紋が広がる時の、極上の静かな通り抜けを味わう。

 

自分自身、あったかくてシルキーなソフトクリームになっちゃってるみたいだ。

 

無理のない自然を思い出させてもらう。

 

身体もそうだし、心も。

 

ああ、そういう凝縮を今してるのね、ってことに静かに気づく。

 

凝縮が別に悪いとかじゃない。

 

けど、あったかいソフトクリームの方が呼吸も楽だし、いろいろらくちんだし、

 

ただただ、いたい方を選ぶ。

 

 


最近の私自身の内側や、環境の変化を、

 

彼女はタッチをしながらすぐ察知してた。

 

身体やさまざまな階層の雰囲気にも変化となってにじんでいるらしい。

 

おもしろいなー。

 

 

 


そんな施術後のフィードバック話や、近況バナシをしながら、

 

body, mind, spiritっていう言い方は、実は誤解を招くよね、という話題になる。

 

 

 

bodyというものがあって、

 

mindというものがあって、

 

spiritというものがあって、

 

それらは三位一体でつながりあって、、、、みたいな表現、

 

 


その方がなんとなく説明はしやすいし、

 

筋が通っているようにも思えるし、

 

ついそんな言い方をしてしまいやすいけど。

 

 

逆の表現、つまり、

 

おっきな一つのものの、ある震え方の表れが

 

いわゆる物質的な見え方(の領域)になってるだけだし、

 

ある震え方の状態だと感情という表れになるだけだし、

 

その絶え間ない動き、

 

なんかそっちの方がしっくりくるね、って。

 

 


便宜上、視点の方向と立ち位置の座標をどこかに決めて、

 

そこからものごとの話をするけれど、

 

(たとえば、原因と結果とか、)

 

そのルールにのっとって、というより、

 

今、何が起きてる?何が湧いてる? 何を感じてる?っていうエネルギーの流れに、

 

ごまかしなく気づいていくだけでいいね、と最近感じていて、

 

なんとなくそれが今のテーマになっていて、

 

そこをすくうのを今楽しんでるところ。

 

彼女に「なんか身体も変わった」と言われたのは、

 

たぶん、そういうこと関係してるのだろな。

 

 


あるひとつの視点や意見やメソッドは、

 

ある側面のことをとってもよく表すけれど、

 

それは全てでも絶対的な真実でもないと思ってる。

 

ただ、そういうひとつの側面の的確な表現というだけで。

 

他の部分は描写してない。

 


そこに固着すると、

 

それを自分の真実として同一化して生きてしまうと、

 

たぶんいろいろめんどくさい。

 

人生もいろいろややこしくめんどくさくなりそう。

 


でもそれは別に悪いことでもないし、

 

誰もが実はそうしたいからそうしてるだけだし、

 

ま。。。でも選ぶならあったかいソフトクリームの方が好みだ。

 

というだけのハナシなんだけど。。。

 

 


だんだん何を書いているのやら。

 

そもそもあったかいソフトクリームって、なんだ。笑

 

食べる前にあっという間に溶けてまうわ。笑

 

でもそれも含めて、あったかいソフトクリームって言いたいの。